川の浸食で削られた岩々

都内は東側の23区は大都心ですが、逆に西端の奥多摩、檜原村は荒々しい山が続きます。そんな中を縫うように滑る奥多摩旅ストリートをオートバイで走ってきました。

電車武蔵五日市駅前を通過し西に向かうといった、やがてストリートの右には秋川渓谷が姿を現します。

運転しながらではまずいので、ほんのりバイクを止めてその眺望を楽しみます。川の浸食で削られた岩々の間を広がる清流が素晴らしいだ。

どんどん西に向かうと、徐々に登り勾配がきつくなってしまう。数馬の集落を越えるという、旅ストリートの発端です旧勘定所に到着。古くハイウェイだった内のなごりですね。

ここからは再び勾配が急になり、右手に左側にって急放物線が続きます。昔から災厄が多発することでも知られている要素ですから、ペースを落としてゆっくりと登っていきます。

旧勘定所から6kmほどで風張峠に到着。ここは標高1,146m、舗装された車道としては都内でひときわおっきい界隈だそうです。

惜しくも進むと月夜見第ゼロパーキングがあり、ここからは奥多摩湖の緑色の湖面が見渡せます。バイクを止めて奥多摩の山、そうして愛らしい湖面を見渡しました。

そこから奥多摩湖方面に、こんどはスリリングな下りだ。バイクは下りの方が災厄を起こしやすいので、慎重に、ペースを差し出しすぎないように下りました。

さわやか下りを楽しむという、そこは奥多摩湖。少ないけれど山間のワインディングの現れを遊べる、素敵なプログラムでした。
東京立川で出会い系アプリを利用するならここが一番